鬱、悲しみ、無気力、喪失感など「マタニティーブルー」解消・対策方法を解説

薬

妊娠すると敏感になります。その敏感な感情が鬱になりますね。その鬱になる理由は西洋医学的にはホルモンのアンバランスによるものだと言われてます。

それはそうですが、ホルモンだけでは解決できないらしいです。妊娠中の鬱も大変んですが、産後の2-3週間くらい産婦は精神的なストレスや心理的な負担感などによって鬱になりやすく、意欲と食欲もなくなるらしいです。

これをベビーブルーといいます。この時期に感じる鬱、悲しみ、無気力、喪失感などが2-3週後にも回復できない場合、マタニティーブルーと言います。特に帝王切開をする場合がこのマタニティーブルーにかかる確率が高くなるらしいです。

1. 解消・対策方法

マタニティブルーの症状として

ー激しい疲労感

ー鬱感、または虚しさなどを感じる

ー不安感を感じる

ー不眠症

ー食欲不振

ー胸がむかむかする

ー脈が速くなる

ー息が詰まる

ー全部いやになる。面倒くさくなる

などと言われてます。この症状を予防&克服する方法として

1. マタニティーブルーの予防と治療をするに当たって、ストレス解消と運動は必須的な要素です。

専門家たちはマタニティーブルーの治療法方は産婦自ら我慢するのではなく、旦那と家族に訴え、ストレスを解く方法を探すのが大事だと言われてます。

2. 仲がいい人たちとお喋りをする。

女性特有のおしゃべりでストレスを解消する方法があります。赤ちゃんのこと、昔の友達との思い出話など、沢山の集まりを通して会話をすることで、誰にでも人生の生き方は似てることで安心するし、克服する方法を見つけることになるでしょう。

3. 軽い運動と定期的にする

動く人は鬱になる暇がありません^^。軽くしてもいいから定期的な運動で体を癒し、気晴らしになります。ストレッチングや散歩などで軽く汗が出る程度でいいでしょう。

4. お風呂でストレス解消

アロマテラピはとても効果的です。香りがいい入浴剤で育児のストレスが逃げてくれますね。旦那のオイルマッサージも加えれば錦上添花でしょう。

5. 映画の世界にはまる

人間は泣いたり笑ったりの繰り返しでストレスが解消しますが、考えすぎると鬱になりやすくなります。ステキな映画、悲しい映画を見て笑ったり、泣いたりする時間を設けましょう。

6. 産婦に自由時間を!

一番大事なのは家族と旦那の関心と助けです。1週間に何時間くらいはお母さんが赤ちゃんから完全に解放する時間を設け、育児から完全に離れ、自分の自由時間を過ごすように協力しましょう。

7. 経験例などを知っておくと対処しやすいです。

鬱の病歴があった場合は鬱の治療後妊娠をすることです。そして育児の経験がないか少ない場合は、周辺の家族や友達の育児に関する生活習慣、環境を理解し、自分はどうするのかを考えておいたほうがいいでしょう。

8. 準備された計画妊娠をお勧めします。

友達や家族との深い関係を結ぶことで妊娠と出産に関する情報を習得し、計画妊娠をすることで予防が可能です。計画的な妊娠で、出産を嬉しく待つようになるでしょう。準備なしの妊娠、出産は赤ちゃんにも不安をもたらしますし、マタニティーブルーをなりやすいです。

9. 家族の愛情を確認します。

家族間の親密感と尊敬がお互いを配慮することでマタニティーブルーを克服できます。

10. マタニティーブルーの治療

お母さんになることに対する心の準備と心理的な安定感が必要です。マタニティーブルーは出産後3日くらいから始め軽いうつ病症状を見せ、1週間以内に殆どはよくなります。

2. まとめ

いつもいいことを考えるようにするのもマタニティーブルーを克服するのにいい方法です。家族達は妊娠を祝い、出産後にもいい母親になれることに勇気つける必要があります。赤ちゃんを愛することに努力しますしょう。 

サブコンテンツ

このページの先頭へ