出産準備、本当に必要なベビー用品(衣料品、寝具等)はこれでした!

哺乳瓶

妊娠が安定期に入ったら、そろそろ始めたいのが出産準備。生まれてくる赤ちゃんのために準備を万全にしておきたいところですが、初産の方には、何を準備したら良いのかよくわからないですよね。

妊婦さん向け雑誌や、ベビー用品店などが案内している「必要なベビー用品一覧」などは、やはり販売目的なので、多めの内容になっています。そこで、本当はこれだけ揃えておけばOK、というベビー用品を紹介したいと思います。

1. 衣料品

必ず必要なのは肌着です。季節に合わせて、短肌着か長肌着を最低5枚は用意しましょう。この短肌着と長肌着は、前身ごろを重ねて留める形をしています。寝ている状態で着替えをする新生児には使いやすいです。

そして、季節に応じてその上に着せるつなぎ型の洋服を準備しましょう。名前はロンパースとかオールインワンとか色々ありますが、そんなに大きな違いはありません。上半身と下半身が一体化していて、前ボタンで留めるタイプのものを5着ほど用意しましょう。

赤ちゃんは、生後2カ月までは大人と同じ枚数を着せ、3ヶ月からは大人よりも1枚少なくすると良いです。いつ赤ちゃんが生まれるのか計算して購入しましょう。もし春生まれなら、夏のクーラーの効いていない部屋であれば、短肌着1枚、あるいはつなぎ1枚で過ごして構いません。

2. ミルク関連グッズ

母乳が出るか出ないかは、出産して数日たってみないとわからないので、粉ミルク等のグッズはあまりしっかり揃え込まないことをおすすめします。よく、哺乳瓶3本以上準備しましょう、と書いてあるマニュアルがありますが、結局一度も哺乳瓶を使わなかったということも良くあります。哺乳瓶1本、小さめの粉ミルク1箱、簡易的な哺乳瓶洗浄セットがあればとりあえずは十分です。

3. 寝具

まず、赤ちゃんがいる生活をイメージしてみましょう。昼間大人はどの部屋によくいるか、赤ちゃんはどこでお昼寝するのか、夜家族でどうやって寝るのか、寝かし付けはどこでどうやってするのか、これを考えないと寝具は揃えられません。必要なものは、寝る場所と布団なのですが、昼と夜で寝る場所が違うなら最低2セット必要ですし、同じ場所で済むならまずは1セットで構いません。

赤ちゃんによって寝相はそれぞれですし、季節もどんどん変わっていくので、とりあえずは洗い替えは気にせず、実際に使ってみてから考えれば良いでしょう。シーツなどはバスタオルでも十分間に合います。よく疑問にあがる枕ですが、赤ちゃんのうちは枕は必要ありません。

4. お風呂セット

準備するものは、赤ちゃん用のバスタブ、石鹸です。どこで誰がどのような体勢で赤ちゃんをお風呂に入れるのかを考えましょう。キッチンのシンクの中か、ダイニングテーブルの上か、リビングの床の上か、お風呂場か、それによって準備するものが変わります。

一番大きく変わるのが赤ちゃん用のバスタブです。例えばシンク内で洗うなら、そこにはまるサイズでなければいけませんし、水周り以外で入れるなら、水を出し入れしやすいものにしなければなりません。

その体勢でずっと洗って辛くないか、水の処理はしいやすいか、などきちんとイメージしてから購入してください。シャンプーは最初はいりません。髪も石鹸で洗えます。また、化粧水やボディミルクなども準備段階では必要ありません。もし乾燥が目立つようだったら買い足しましょう。

5. おむつ関係

おむつは、最初に使うサイズが、新生児サイズか、Sサイズか、それとも新生児小さめサイズか、これは、赤ちゃんが産まれてこないと分かりません。妊婦健診で、大きめの赤ちゃんですよと言われていても小さく生まれてくることもよくあります。おしり拭きも、赤ちゃんによってかぶれたりすることもあるので、出産準備の時点で同じメーカーのものを大量購入するのはおすすめできません

生まれて1、2週間分のおむつとおしり拭きは、産院でもらうお産セットに入っていることが多いので、生まれる前は準備は必要ありません。お産セットの中身は必ず産院に確認してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ